iphone修理のプロセス

iphoneが故障してしまった時、どのような手順を踏めば修理に出すことができるのでしょうか。毎日使うものであれば、なるべく早急に修理してもらいたいですよね。ここではiphone修理のプロセスについて詳しく説明していきます。

iphoneが故障した!まずどこに連絡するべき?

強い衝撃を与えたり、何かソフトの不具合でiphoneが故障した場合、まずはメーカーの修理サービスか、民間の修理業者に電話する事になります。一般的には、メーカーサポートに入っている方なら、メーカーの…

Detail »

iphone修理にかかる費用

iphoneを修理したい場合には、現在では主に二通りの方法があります。一つ目は、アップル公式のメーカーに修理を依頼する事になります。もう一つは、非公式の修理を行っている店舗に依頼をする方法になりま…

Detail »

故障したときに利用したいiphoneの修理

iphoneの修理とは故障したiPhoneを修理してもらえるサービスで、水没したり液晶が割れたときなどに利用することができます。

修理に出したiphoneはどれくらいで戻ってくるの?

アップルストア及び正規の通信会社の場合

アップルストア直営店では、すぐにその場で修理・交換してもらえるので、即日でiPhoneが帰ってきます。交換に関しては簡単な受付処理をするだけなので、数十分とかかりません。ただ、アップルストアは非常に混み合っていることが多く、順番待ちのために数時間外で時間を潰すよう言われることがありますよ。 直営店のほかに、アップル認定のApple正規サービスプロバイダであれば、アップルの保証が適用されたまま、即日で対応してくれます。 また、ソフトバンクやauなど正規の通信会社でも一部店舗で修理ができますが、修理に数日ほどかかり、その間は貸出の代替機を使うことになります。ただ、iPhone交換の場合は即日で対応してもらえることもあります。

非正規の修理店に依頼する場合

非正規の修理店では修理にかかる時間が非常に短いです。ちなみにバックアップ処理が必要ないことも魅力で、修理してもらったiPhoneをその場で使用することができます。 店舗によって大きく差がありますが、ディスプレイ修理であれば1~2時間、早いところでは数十分くらいで修理が完了します。私の場合も、1時間ほど経って戻ってきたらもう修理が終わっていました。また水没処理であっても数時間ですむことが多いです。 ただ、修理が短いというのは危険なことでもあります。あまりに短すぎたり、安すぎたりすると、あまり丁寧にやってもらえなかったりして、再び壊れてしまう可能性もあります。その場合はアップルの保証が使えなくなるため、結局は正規店に頼んだ方がよかった、となることもあるかもしれません。

iphone保護アイテム

iPhone用ケース

iPhoneは、壊れた場合アップルや修理業者にお願いする事で、修理をする事が可能です。しかし、それによってかかる修理代金は、バカにならないものとなるでしょう。だからこそ、普段からiPhoneを守る…

Detail »

iphone用画面保護シート

iphoneの画面に貼るフィルムがあるのですが、一般的には保護シートなどと呼ばれています。もちろんiphoneの画面に傷が付くのを防ぐものもありますが、最近ではそれ以外の機能を備えた保護シートが売…

Detail »

落下防止スマホリング

iphoneを保護する為のグッズとしては、本体のケースやカバーの他、ストラップ等がありますが、最近はスマホリングも使われています。スマホリングを取り付け、そのリングに指を通して使えば、手を滑らせた…

Detail »